ONLINE SHOPPING SITE

引両紋の原点は、岡山県に

The origin of Hikiryomon

TEA PLANTATION

「作り手のこだわりと芳醇な土地がはぐくむおいしい茶葉に」

引両紋のお茶が採れる岡山県真庭市富原地区。
土の豊かな山間部の傾斜地は、一年を通じて涼しく、お茶の栽培に適しています。害虫を食べる蜂・蜘蛛などのおかげで農薬に頼らず、大切に育てられる茶葉は、毎年茶摘みの季節になると、のびのびと丈夫な枝葉を広げています。

2010

ORIGINAL TEA-LEAVES SALE

オリジナル茶葉販売

TEA

「岡山県産茶葉を全国で販売するために」

通常産地であれば、○○茶という名があるが、
岡山産は産地としては有名ではないので「○○茶」ではなく
引両紋というブランドで販売することに

紋果-桃太郎ぶどう【ほうじ茶】

IT SELLS IN A MAJOR COMPANY DEPARTMENT STORE

2011

大手百貨店で販売

紋果(もんか)

FLAVOR TEA

「全国0.3%の産地でも高いクオリティであることの証明」

高いクオリティである商品を
感度の高い人に届ける為
引両紋というブランドを通して
岡山茶をひろめる

It is a demonstration of Japanese tea in Spain.

スペインにて日本茶のデモンストレーション

お茶の種子の伝来以来、独自の歴史を築いて

日本茶の文化を伝える為にスペイン、バルセロナでお茶のインスタレーションをしました。 岡山から世界へ。 そのためには「日本の文化」としての日本茶を伝えるのと同時にその国の「受け入れやすい形」に変化さす事が大切だと思いました。

2013

TEA OF THE SET

廣榮堂本店とのコラボレーション

Famous confections native to a particular locality

「地元の名菓と地元のお茶、そのふたつをその土地の味として」

お茶の産地は大小はあるものの全国にある。
地元の名菓とコラボレーションする事で
その土地の味としてお茶の味も
伝えていければと考えて
スタート

ROASTED TEA

・Re・茶 はれちゃ

2014

「岡山大学と、環境に良いお茶」

リユースの企画の中で茶葉を提供
環境にも良いお茶をコンセプトとし
妊婦の方でも飲んでいただけるように
ほうじ茶をセレクト。飲み切った後の瓶を
リユースする事によりCO2の削減ができます

リユースびん入りの岡山県産ほうじ茶

捨てない ごみにならない 二酸化炭素を出さない

WE DONATE A TEA LEAF IN A PLAN OF THE REUSE BODY AND ECO-FRIENDLY

COLLABORATION

02

液体の提案

TEA OF A TEA BAG / TEA OF A TEA BAG

ザグザグとのコラボレーション

It has a fragrance and deeper flavor compared to other tea

「良質で本格的なお茶を気軽に楽しんでいただく」

生産・加工・流通・販売までを一貫管理することで
香りや味わいを大きく損なうことなく『引両紋』の低価格化を実現
さらに、手軽で淹れやすいティーバッグタイプなので
ご家庭やオフィスでのティータイムに、この良質で本格的なお茶を
ご気軽にお楽しみいただけます

コラボレーション04

結茶 YUICHA 2016

Harenohi Gift

ハレの日ギフト

The connection between Okayama and everyone
Worthy of "Harenohi Gift"
Tea in Okayama

WEDDING GIFT / FLAVORER TEA

岡山ウェディング協議会とのコラボレーション

「岡山の名産が結婚式を通じて広がってもらいたい。」

果肉も岡山県産果物にこだわり、
お茶本来の色や香り、旨味、味わいを損なわないように
果肉と茶葉の配合比率を試行錯誤の末に完成させたフレーバーティー。
高級茶葉に新鮮なままフリーズドライ加工した果肉を合わせた
上質な味と豊潤な香りがお楽しみいただけます。

2016

PET BOTTLE TEA

お茶の新しい地産地消のかたち

全国紙 日経トレンディ「2017年ヒット商品」

「岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化へ」

岡山県産のお茶の存在を岡山県内のより多くの方に
知っていただき、お茶の素晴らしさをもっとお伝えしたい。
その思いから、原材料の100%を岡山県産の茶葉でつくった
ペットボトル茶「引両紋 瀬戸内茶」を発売。
販路を絞り込み、岡山県内のみで販売しています。

瀬戸内茶 setouchicha 岡山県産の緑茶です。原材料は緑茶のみ、保存料、ビタミンCは不使用です。

2017 COLLABORATION 05

TEA BAG / ONEPOT TEA

山陽マルナカとのコラボレーション

「岡山県産のお茶をもっと身近に」

日常に消費されるお茶に岡山県産茶の選択肢を提供していきたい。
岡山県内で消費されているお茶の「形」と「価格」を、岡山県産のお茶に変えれば、生産から消費までが見える「本当の地産地消」になると考えています。購入しやすい場所と価格で提供することで、日常のお茶やお土産など、岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化になれば嬉しいです。

あっ晴れ!大賞 ふるさとあっ晴れ認定

2017

地元で愛される地元のお茶を目指して、本当の〝地産地消〟にチャレンジ

JR岡山支社が逸品10件を認定した、「あっ晴れ大賞」に引両紋のお茶が選ばれました。

岡山・備後エリアの飲食物から支社員が逸品を発掘。
倉敷や浅口市、吉備中央町などで見つけた菓子やワインなど10件をノミネート。温泉旅館のおかみや備前焼作家ら7人の認定委員が味や独自性を審査しています。
引両紋のお茶が「ふるさとあっ晴れ認定」の「あっ晴れ!大賞」をいただきました。僕たちは岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化を作りたいと思っています。こうやって賞をいただき応援していただけることは、嬉しいのと同時に非常に励みになります。

2018 TWILIGHT EXPRESS MIZUKAZE

トワイライトエクスプレス端風で岡山駅停車の際にご提供する飲料に6月から「瀬戸内茶」が採用されました。

岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化へ

岡山県内で日常に消費される事を目指して取り組んでいる「瀬戸内茶」が、
非日常のトワイライトエクスプレス端風に採用された事が本当に嬉しいです。
たくさんの方に岡山県産のお茶を認知していただき、
また岡山に来られた際には岡山県産のお茶が選択肢に入れば幸いです。

  • 株式会社 創心會
  • 医療法人 たくふう会
  • 株式会社 ドルフィン・エイド
  • 株式会社 アール・ケア

2018

Collaboration 06

今消費されているお茶を岡山県産のお茶へ

地域のものが地域で消費されるためには、生産者だけではなく、たくさんの方々の協力がないと実現出来ません。
僕たちの想いに共感し「地域活性化のための地産地消」を応援していただける企業の方々にご協力いただき、病院やデイケアセンターなど、様々な場所で岡山県産のお茶を提供することができました。

参画企業

2018 COLLABORATION 07

TEA BAG

岡山県をPRする際のツールとして引両紋のお茶を選んでいただきました。

他県での岡山県をPRする際のツールとして
引両紋のお茶を選んでいただきました。
観光客誘致のため、
岡山を代表するお茶として
中にティーバッグを入れた封筒を手配りしていただいて、
皆さんに楽しんでいただいています。

2018

TEA CARTONS

飲みきりサイズで提供しやすい新しい瀬戸内茶ができました

病院での提供を主とした新しい飲みきりサイズの瀬戸内茶は、
患者さんに岡山県産のお茶を安全に提供することができ、
また病院にとって院内感染のリスクや消毒の手間を抑え、
より消費されやすい形で、
手軽にお楽しみいただけるようになりました。

取扱病院

Drink tea at the hospital every day

ABOUT HIKIRYOMON

岡山県産のお茶が岡山県内で消費される文化へ

代表取締役 青山雅史の写真

代表取締役 青山雅史

岡山県真庭市 認定農業者

岡山県のお茶の年間消費量(総務省統計)1633tのうち
岡山県産のお茶の生産量は全国の0.3%と
生産量が消費量に対して圧倒的に足りていないため
岡山県で消費されているお茶のほとんどは県外のお茶です。
そこで、岡山県で消費されている日常のお茶を
岡山県産のものに”交換”していただくため、
今消費されているお茶の「形」と「価格」にあわせることで
岡山県産のお茶が岡山県内で消費される
文化を目指しています。

THE EXTERNAL SITE OF HIKIRYOMON

 日本茶・紅茶・フレーバーティーの通販

引両紋のお茶をよりお求め易くオンラインショップでも販売をしております。引両紋のお茶を是非お楽しみ下さい。

引両紋のスタイル・品質・ブランドメッセージを発信

HIKIRYOMON FACEBOOK PAGE

お問い合わせはこちら(メールソフトが開きます)

INQUIERY BY EMAIL